膝の痛み、変形性膝関節症にお悩みの方へ | 株式会社佐喜眞義肢 | CBブレース

Read Article

CBブレースとは

日本人の10人に1人は変形性膝関節症

ひざの軟骨がすり減って痛い…ひざが曲がって歩きづらい…立ったり座ったりが辛い…
そんなあなたは、予備軍も含めると日本全国に推計2,500万人にものぼる患者がいると言われる「変形性膝関節症」かも知れません。

変形性膝関節症(へんけいせいひざかんせつしょう)とは?

膝関節を構成する大腿骨頸部、脛骨頸部、膝蓋骨の骨や軟骨に慢性の進行性変化と増殖生変化が起こり、膝関節の形態に変化が生じる病気です。
原因としては関節の老化現象に機械的な影響が加わって発病する1次性関節症と、半月板損傷、靱帯損傷、関節内骨折などによる外傷性、化膿性関節炎や関節リウマチによる炎症性、痛風などの代謝、内分泌性などの原因で発症する2次性関節症があります。1次性関節症は変形性関節症の中で最も発生頻度の高いものです。中年以後の肥った女性に多くみられます。

  • 「へんけいせいしつかんせつしょう」と呼ぶ場合もございます。

マンガでわかる!CBブレース

img_manga


歩く喜び、あきらめていませんか?

img_about01

  • もう年だから仕方がない
  • 事情があって手術ができない
  • ちょっとやそっとで治るわけがない

まず、CBブレースをお試しください

ひざの痛みを和らげ、自力で歩く力を取り戻す関節装具CBブレースが、きっとあなたの『歩く喜び』を取り戻してくれることでしょう!

世界最軽量を実現した特許技術「CB構造」

特許を取得したCB(Center Bridge=センターブリッジ)肘や膝を痛めた時、関節の負担を軽減するために用いる器具(装具)があります。
弊社では、数ある装具の中にあって、弊社独自の特許技術に基づき製造されるセンターブリッジ(Center Bridge:CB)により、 支持性(強度)を落とすことなく世界最軽量化(約79g/フレームのみ)を実現。

CBブレースは、少し大き目の多軸継手(関節部材)が正座を容易にし、大腿下腿部において、カフ(連結部材)の無いスマートなデザインで抜群の装着感を提供します。

ご利用いただいた皆様からは、痛みもなくトレーニングできる上、むしろCBブレースを装着した足の方が軽く感じるくらいだと好評をいただいております。

  • 効果は個人差があります。

CBブレースの特長

CBブレース、ビフォー・アフター

CBブレース装着前

筋力のバランスが崩れ
大腿骨と脛骨が当たり痛む状態

CBブレース装着後

3点支持矯正により
筋力バランスが改善し痛みが軽減

CBブレースをおすすめする、5つの理由

痛みが和らぎ、
楽に歩けます

強力な3点支持矯正で、ひざの痛みを軽減。驚くほど楽に歩けます。

軽くて、
履き心地抜群

着けていることを忘れるほど軽く、一日中装着していても違和感はゼロ。

可動範囲が広く、
自然に動ける

これまでの関節装具では難しかった姿勢が自然に、容易にできます。

動いても、
ズレ落ちません

簡単に脱着できるベルトは
使用時のズレ落ちもしっかり防ぎます。

保険適用で、
家計にやさしい

医療保険や身障手帳が利用でき
7〜9割の払い戻しを受けられます。

こんな症状でお悩みのあなたに、CBブレース

CBブレースは、下記のような症状でお悩みの方のお役に立ちます。
このような症状でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

CBブレースの適用症例と対応製品一覧

変形性膝関節症

高齢や足を酷使する仕事に
よるもの
CB-OA Light

半身麻痺

脳血行障害の後遺症などに
よるもの
CB-BaCknee

半月板・靭帯損傷

スポーツや事故に
よるもの
CBブレース スポーツ用

リウマチ性関節疾患

関節リウマチに
よるもの
CB-OA Middle

小児麻痺性関節疾患

CP(脳性小児麻痺)や、ポリオ(脊椎性小児麻痺)によるもの
CB-BaCknee

その他

肘の障害などに
よるもの
CBブレース 肘関節用

装具はゴールではなく、スタート。
―自らの足だけで歩く喜びを

株式会社佐喜眞義肢 代表取締役社長 佐喜眞 保
装具は、ゴールではなくスタート。
いつかご自分の足だけで、
歩けるようになって欲しい。
それが私たちの、本当の願いです。

株式会社佐喜眞義肢
代表取締役社長 佐喜眞 保

除痛効果の高いCBブレースですが、装具に頼り続けると筋力低下を招くことにもなり兼ねません。そこで、弊社では装具装着と同時に筋力トレーニングを開始することを強くおすすめしております。

CBブレースを装着することで、関節を動かす痛みが軽減しますので、装着以前よりも筋力トレーニングを中心としたリハビリを抵抗なく行っていただけることでしょう。
そうしていつしか、CBブレースに頼らずとも膝関節を守れるだけの筋力を養い、自分の足だけで歩く喜びを知っていただきたい…。

装具は、ゴールではなくスタート。
いつか装具なしで、ご自分の足だけで歩けるようになって欲しい。

それが私たちの、ほんとうの願いなのです。


ご推薦のお言葉

『待ち望んでいた光』

白石整形外科医院(富山県)
副院長 白石 尚基

東京リウマチ・ペインクリニック(東京都)
ペインクリニシャン(ペインクリニック専門医)

CBブレースの開発者である佐喜眞保社長さんに初めてお会いしたのは、平成14年、あるIT企業の社長さんを介して紹介いただいたときだった。当時、まだよいお薬がなかった頃、リハビリテーション科専門医、整形外科医専門医、ペインクリニック専門医として、手術以外の既存の治療法では、なかなか症状が改善しない変形性膝関節症の痛みを何とかしたいと悩んでいた頃でもあった。そこで初めてCBブレースなる装具の存在を知った。にっこり笑った佐喜眞社長さんが、「まずは見てください」、と言って見せられたのは、とても軽く、しかも壊れにくい材質のCBブレース。早速、各サイズの試着用CBブレースを貸してもらい、外来の膝関節痛の患者さんに使用してみた。「膝が痛くて立てない」「歩けない」の苦痛は、慢性疼痛の負のスパイラル、すなわち、

『痛い』→『歩かない』→『脚力が弱る』

↑            ↓

『安定性が悪い為動くとさらに痛みが出る』←『膝の安定性悪化』

こういった悪循環である。どこかでブレイクスルーを、と、待ち望んでいた光、CBブレースは見事にその役割を担ってくれました。もう百人以上はお世話になったであろう。中でも、CBブレースの噂を知った某国首相随行員がぜひ、といって、この作成をご希望されたことは記憶に新しい。

CBブレースの一番のメリットは、人間が“装具の奴隷”にならない、すなわち、装具がなければ歩けない体になってしまうのではなく、装具を適切に装着することで、歩けるようになり、上に述べた悪循環が改善することで、足の筋力がつき、いずれはCBブレースをはずして歩けるときが来ることである。ここにリハビリテーションが関わり、適切な薬物を用いることでより早期に、CBブレースなしで歩行ができるようになることである。まったくこれには驚きである。

今、CBブレースは、さらに進化し、より軽く、より膝の最適な位置を保持できるようになり、レントゲン写真で膝変形の進行が止まっている例すらある。佐喜眞社長さんは患者さんの声によく耳を傾ける。洋式トイレで便座にCBブレースが当たって困るといわれると、すぐ、調整のため、一度会社に持ち帰って、修正して、また患者さんにお渡しして、必ず経過を聞く。この大いなる繰り返しこそが、CBブレースを発展させてきた。ズボンの中に装着できるので、外観上あまり目立たないことも、利用者目線のものだろう。医師である私は、佐喜眞社長さんから、医療の原点を学ばせていただき、わが身を振り返り、膝関節痛に悩む患者さんの痛みを何とか解決したいと、心より願い、そのためにCBブレースの普及と更なる発展を心より願ってやまない。

『地域医療で力を発揮するCBブレース』

地域医療振興協会 伊豆下田診療所
所長 細井 昌樹

CBブレースの開発者である佐喜眞保さんに初めてお会いしたのは「プロフェッショナルと語らう夕べ」という集会でした。そこで初めてCBブレースという装具の存在を知り、佐喜眞さんの話を聞く中で「困っている人を何とかしてあげたい」という気持ちが私の母校である自治医大の精神と僻地医療にたずさわる医療人の想いにシンクロするのを感じました。

外来で膝関節注射をしてもなかなか痛みが取れない患者さんに試したところ高い確率で効果があり、私自身も学生時代から続けているバドミントンで肘を痛めたとき、肘用のCBブレースを試用させてもらったところ痛みが無くなり、その効果を実感できました。CBブレースは想像以上に軽量化されており、ズボンの中に装着できて外観上それほど目立たないという点からも利用者に寄り添った装具と言えます。個人的な印象としては、重症化してからよりも痛みの軽い早期の段階で利用を開始してリハビリをしながら筋力をつけると、最終的には装具なしでも生活できるようになるのではないかと思います。また、そうすることによって長期的な医療費も安く抑えられるのではないかと思います。膝痛の方や僻地で高齢者をたくさん抱えている医師への周知はまだまだです。ぜひ普及されることを願います。

『歩く喜びを全ての人々へ。』

国立科学博物館理工学研究部主任研究官
ものづくり日本大賞選考有識者会議委員 鈴木 一義

国立科学博物館理工学研究部主任研究官 ものづくり日本大賞選考有識者会議委員 鈴木 一義

作ろうと思っても作れないものがある。
作りたいと思っても作ることのできないものがある。
医療の世界で、作り、使ってもらうことは簡単なことではない。

佐喜眞さんが作られた関節装具は、佐喜眞さんの作ってあげたいという強い思いが、形となったものだ。
多くの苦しむ人たちの作って欲しいという願いを叶えたものだ。

同じような障害の経験を持つという佐喜眞さん。
あきらめて、我慢してきた苦しむ人たちに、再び、歩くことの楽しさを与えてくれる佐喜眞さんの関節装具。

それは、日本の目指す「ものづくり」の一つである。


商品一覧

もともと反張ひざ用に開発されたCBブレースは、画期的なCB構造はそのままに、今やスタンダードモデルとなった変形性膝関節症用のほか、ギアを組み入れた膝靭帯損傷用、ひじ関節用などさまざまな発展を遂げてまいりました。

また、現在はさらなる軽量化に向けた研究開発に取り組んでいるところです。

CarBonee

新素材カーボンで
世界最軽量化に成功

CB-OA

驚くほど軽くて・簡単
そして快適

CB-BaCknee

幅広い範囲と安心で
あなたの膝を支えます

CBブレース Ligament(膝靭帯損傷用)

プロに選ばれる
安心の膝靭帯損傷用装具

CBブレース ElwowSOC(肘関節用)

ひざのCBブレースを
ひじのためにも

ご使用上の注意

インナーサポーターを着用する

肌への直接の装着は、かぶれ等の原因になります。
先に同梱のインナーサポーターをご着用ください。また、インナーサポーターは適宜洗濯を行い、清潔な状態でご着用ください。

長時間連続装着しない

長時間の装着は、脚のむくみや肌トラブルの原因になりますので、安静時には時々取り外すことをお勧めします。

就寝時は着用しない

就寝時の装着は、脚のむくみや肌トラブル、ケガの原因となりますのでおやめください。

入浴時は着用しない

入浴時の使用は、故障につながりますのでおやめください。

洗濯機に入れない

洗濯機の使用は、故障につながりますのでおやめください。
海水や多量の汗が付着した場合は、腐食・サビにより故障の原因になりますので、中性洗剤で手洗いの上、陰干ししてください。

手順通り正しく装着する

誤った装着は、効果を十分に発揮することができません。また、ズレ落ちや脚のむくみ、肌トラブルの原因になります。商品同梱の装着手順書をご覧になり、毎回正しい装着を心がけてください。

改造しない

ご使用者ご自身での調整・修理・改造は、脚のむくみや肌トラブル、ケガの原因となりますので絶対におやめください。
故障したり、違和感を感じた際には装具担当者にご相談ください。

自己判断せず医師に相談する

以下の様な場合は、使用を中止し、医師の診断と手当を受けてください。
症状の悪化や事故など、重大な事態を招くおそれがあります。

・装着部にケガや骨折などの外傷を負った
・痛み、しびれ、腫れ、湿疹、かぶれなどの症状が生じた
Return Top